プラステンアップ 習慣

伸ばすために必要な習慣まとめ

 

プラステンアップ口コミ

性別女性
期間小学校4年〜中学3年
身長136cm〜167cm
私の工夫は・・・

 

自分の希望としてはもっと伸ばしたかったのですが、やや高め女性にしては伸ばすことができました。

 

特に小学校4〜5年の間が凄まじく、1年で16cm伸びました。

 

やや夜更かしし始めたのがいけなかったのか 、後半戦であまり伸びなかったのが悔やまれます。

 

 

漫画のキャラクターにあこがれて

 

私は剣道部所属ということもあり、リーチが長いほうが有利なので頑張って伸ばそうとしていました。

 

胴体ががら空きになってしまう弱点はありますが、上段に構えたときに長身だと威圧感も出るため相手を圧倒できます。

 

また、剣士が出てくる漫画の長身のキャラクターに夢中だったためなるべく近づきたいという中2病な理由も含まれます。

 

185cmくらいあるキャラクターなのでそこまでは無理だろうと思ったのですが、王台には届かせたいという希望があり、ネットで調べたり牛乳を男子ととりあったりしていました。

 

 

栄養と睡眠はやっぱり重要

 

プラステンアップ睡眠

 

まず、睡眠は伸ばすうえで重要です。

 

睡眠中に成長ホルモンの分泌が盛んになるため、その時間帯に睡眠をとる必要があります。

 

このホルモン分泌量は、大体夜10時から午前2時にかけてピークを迎えると言われています。

 

リラックスしていないと交感神経が優位になって上質な睡眠がとれないので、眠る1時間くらい前にホットミルクを飲んだりして眠る準備をしましょう。

 

次に栄養補給です。

 

体を作るためには骨の元となるミネラルや、体組成の大部分を占めるたんぱく質と脂質をまんべんなく充分摂取することが必要です。

 

ダイエットのためやお菓子の食べ過ぎなどで体を作る栄養が不足してしまうと、伸びないどころか他の部分にも不調が出てきます。

 

成長期はホルモンバランスも変化しやすい時期なので、たんぱく質多めのバランスの良い食事を心がけましょう。

 

できれば魚より肉、魚が良ければ赤身の魚を選択することをおすすめします。

 

 

伸ばすため注意したい点

 

睡眠、栄養も大事ですが、過剰に寝たり食べたりということは避けましょう。

 

10時間以上の連続した睡眠はあまり脳にとって良くないという説もあります。

 

食べ過ぎも禁物です。肥満になることで成長ホルモンの分泌は抑制されるため、食っちゃ寝の生活を続けていると身長が伸びないことに加え生活習慣病になる可能性が高くなります。

 

伸ばすには適度な運動が必要と言われており、運動の中でもジャンプなど関節に適度な衝撃が加わるものが骨の成長を誘発する可能性があります。

 

そのためできるだけ伸ばしたい場合は、不摂生を極力避けたほうが良いと言えます。

プラステンアップトップ記事


プラステンアップトップへ

プラステンアップ徹底検証←トップ記事
プラステンアップについて口コミや効果について検証。
また、最安値は楽天やAmazonではなく公式店?
PLUS10UPの実力は?素朴な疑問を紹介しています。